ダニ退治!ダニを駆除できる簡単で効果的な方法とは?

公開日:  最終更新日:2014/10/05

dani

部屋のいたるところに生息するダニ
そのまま放置すると、喘息やアレルギーの原因となるので
できる限り早く駆除したいものですね。
ありとあらゆる方法でダニ退治、防ダニ対策をやったが
未だに効果が出ない方に是非試していただきたいです。

スポンサードリンク

 

最初にダニをおびき寄せる

まずはベランダに布団など、干せるものはすべて干しましょう。

枕・クッションや・ぬいぐるみなども、
たくさんのダニが潜んでいるので干してください。

その後カーテンを閉めて部屋を1時間ほど真っ暗にしておきます。

ダニは夜行性なので、
暗くすることで活動的になり表へ出てきやすくなります。

 

ダニを除去する効果的な方法

一時間ほど経過したら窓を開け、部屋中くまなく掃除機をかけます。

カーペットの場合は、裏側にも掃除機を当ててください。

ソファーなども厚地のものほど、
奥に入り込んでいる可能性があるので繰り返し掃除機をかけてください。

掃除機は、ダニ餌と成る皮脂や食べかすを吸引すると共に、
ダニまでも吸引してくれるのでとても便利ですが
掃除機だけではまだ不十分なんです。

スポンサードリンク

さらに、スチームアイロンで、カーペットやソファーなど
アイロンがかけられるところはすべて、
スチームを強にして押し当てましょう。

ダニは熱に弱いのでこれでほとんど死滅します。

スチームアイロンが掛けられない素材には
布団乾燥機も効果があります。

小さなものでしたら、ドライヤーも効果があるので
是非おすすめします。

必ず55℃以上の高熱にしてください。
55℃でダニは死滅します。

その後には、干しておいた布団類も
掃除機のダニ吸引用の吸い込み口などで
丁寧にダニの死骸を吸い取ってください。

布団などが干せないときは、
布団乾燥機が効果的なので代用してください。

 

まとめ

干せるものは干す。

スチームアイロン、布団乾燥機などがかけられるものは全てかける。

吸引力のある掃除機で吸引。

熱で殺した後は死骸があるので掃除機できれいに。

ダニを寄せ付けないようにするには?

ダニを発生させない、増やさないことが大事です。

ダニは気温50℃以上、湿度50%以下では生存できないといわれています。

ですが、さすがに我々もその環境では生きてはいけないので
ダニの栄養源を断つことが大事になってきます。

ダニの主要な栄養源は

  • カビ
  • 皮脂(人間の、ふけ・垢)
  • 食べかす

従って、その栄養源を与えないように
常日頃から、小まめな掃除と換気、

天気の良い日は、2週間に1度を目安に
天日干しする習慣付けが大切になってきます。

ダニ対策はとても面倒な作業ですが、
日頃の掃除を習慣化することが一番の解決策です。

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

コメントを残す

PAGE TOP ↑